2015年4月27日月曜日

深いところへ

時に私たちはバランスを見失うことがある。動きがあれば"ザッバーン!"はたまにある事(笑

ある時、ある状況で、ただ時間だけが早く過ぎ、変化を感じない事もあるかもしれない。でも本当はどうだろう?

私たちは環境によってフォームを変える液体。何があってもジャッジのないただの液体としてあるとしたら? 私たちは自分の人生にあり、他を通して自己を映し見ている中で、共有したことのある思いやり、気持ち、居場所、時間やお金は、お互いの捉え方にある幻影。

異なるフォームには境界が生じる。例えフォームが違っても本質は同じで、それぞれ自由に変われるフォームとして、何かをどう捉えるかは本人の自由でしかない。どうせならより良い方へ捉えられると自他共に居心地快適な気の中で過ごせますよね。

さて、水になる?大気の一部になる?氷になる?雨になって降る?湖で留まる?川で流れる?海へ行ってまた変化し続け山に行く?

例えば雨。雨の本質である水という液体そのものに対して好きとかキライってあるのかな? 雨に濡れるのが嫌いな人もいれば好きな人もいる。時と状況次第ですよね。でもそれは雨そのものの本質をジャッジしているわけではない。

自分をジャッジしない人は人をジャッジすることもなく、自他が傷く事はない。何かがゆえにもし傷ついたと思っても、それは自分自身の中でそう捉える何かを育んでいるだけかなと。何にもジャッジしなければ、 バランス均衡が取れている静寂フラットである自由な液体フォーム。

そうするとジャッバーンは無いのかな?(笑 私という気はそこにあれるか?

生きている間はずっと学びの途中。月と太陽がつくる潮の干満のような動きの中にいる。時に空へ上がり、舞い降りて、流れて、広大な海へ行っても表面にいたら風が吹けばジャッバーンの一部になり…

完全なバランスは難しいですよね。動きがあるから、自由な心と共にある気として、自身が好きでいられる者としてあれるように学び続ける深く深い中でのフォームがバランスとっていることなのかな…

なんちゃらと海でのメディテーション後にふっと思った事がありました。

マントラ ミュージック

先日家に住み始めたばかりの新入り(子犬)。何かと手間がかかる。ちょっと不調和なのか、今晩は何やら落ち着かない様子なのでマントラミュージックを聴かしたらこんな感じ(笑
おかげで落ち着いて静かにYinヨガ練習できました…ホッホッホッ

2015年4月19日日曜日

呼吸と気の流れ

"There is one way of breathing that is shameful and constricted. Then, there’s another way: a breath of love that takes you all the way to infinity."
Rumi

"As long as there is breath in the body, there is life. When breath departs, so too does life. Therefore, regulate the breath"
Hatha Yoga Pradipika

“When you inhale, you are taking the strength from God. When you exhale, it represents the service you are giving to the world. ”
B.K.S. Iyengar

ダイビングで呼吸をしているとき、残圧があるのにもかかわらずもし呼吸を苦しく感じたら、吸ってばかりいて吐く事が十分でなかったり呼吸が早いから。肺がふくらみきっているのにまだ吸おうとしても吸えないですよね。そんな時は大きくため息つくと良い。

ヨガのポーズの中で呼吸を見つめてみてみましょう。皆さん呼吸を確かなところへ入れエナジーを流そうとしています。そこで呼吸を快適に感じられていますか?あまり快適じゃないと感じたら、快適な方法を見出していきましょう。大抵はどこかに力が入りブロックしているか、吐きが十分でないときに不快を感じます。受け取る(吸う)ばかりではなく、与える(吐く)事をお忘れなく。

レイキをしているとき、私はストローになる。こことそこを繋ぐもの。でも内側に汚れがあったり変に曲がりすぎたストローは水やジュースを吸いづらかったり味が変わったり。

エナジーは風や水と油同じように、高い方から低い方へ流れます。ブロックや余分なプレッシャーを作らなければ、自然に流暢に流れますよね。与えると言っても、元にお返しするとは限らず、与えられるもしくは流せるところへ行かせればいい。しっかり手放せれば自然に次の何かがそこに入ってくる。次の純粋なものを入れるスペースを作らないと入るものも入らない。入るものは出ていったものと同じものではない。呼吸に限らず、全てのことに例えて循環させることが大切だなーと思います。

2015年4月5日日曜日

ウブドの朝




誰かが窓をノックする音で目が覚めた。
それはトンボ。
太陽が椰子の間から昇る。
鳥や虫達の鳴き声が響く優しい朝。
今日は何の花が新しく咲いてるか庭を見渡すのが楽しい。
目の前を鮮やかな青色のものが飛ぶ。
口先の赤がなんとも可愛らしいきれいな青いキングフィッシャー。
バナナの木に止まった。
彼はこっちが動けば飛び去ってしまうからじっと動かず眺める。
彼に会うと何故かいつも良いことがありそうな気がする。
庭の片隅にバジルとレモングラスとミントがだいぶ育っている。
今朝の朝食はレモングラスミントティーとバジルトマトオムレツに決定。
自然からのたくさんの贈り物がある休日のウブドで過ごす朝でした。






2015年4月4日土曜日

満月です

闇にいれば光に目がいく...闇にいるから見えるのね。
光にいれば闇に目がいく...はて?
どっちも人生にはありますね。
では、その狭間は?穏やかな場所…かな(笑
もしくは、目が行かないところに目を向ける(笑
星や月のないところには何がある?
きっと目で見えてないだけで、やっぱそこにも星がある...かな(笑

2015年4月3日金曜日

ウブドの...

何もないような通り...
に見えますが、実は健康食レストランや、のんびりくつろげるお店が多い。最近賑わいつつある通りです。通りの名前は...忘れちゃった。ハヌマン通りの東側に並行している通り。西のゴウタマ通りも良いですが、こっちの通りにも素敵な食事処がたくさんありますよ(^_-)-☆

2015年4月1日水曜日

サンライズのビーチ

日の出の時間には鳥達が一斉に飛び交い始める。
太陽が雲に隠れてても日の出の時間は鳥が教えてくれる。
さて、SUPヨガ行ってこよっと!